ヤノベケンジ 「核時代のサヴァイバル/リヴァイバル」

_MG_3140

ヤノベケンジ氏

 _MG_3191

 

10月9日金曜日、18:00よりギャルリ・オーブ第一展示室にて、本展出品作家のヤノベケンジさんのアーティストトークが行われました。今回の講演は、本展キュレーターである飯田高誉さんをモデレーターに迎え、「核時代のサヴァイヴァル/リヴァイバル」と題して、ヤノベさんのチェルノブイリ訪問を中心としてお話して頂きました。
学外からも多くのお客様がお越しになる中、制作の動機である「未来の廃墟」からチェルノブイリを訪問した理由、そしてチェルノブイリでヤノベさんが見たもの、その後のアーティストしての葛藤など、普段は聞くことの出来ない大変興味深い話を聞くことが出来ました。これまでの講演や同時期に大阪で行われていた水都大阪などで見せていた表情とは、また違った表情のヤノベさんを垣間みることができたのではないかと思います。

ヤノベケンジさん、そしてご来場下さった皆様、どうもありがとうございました。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。