対談「終わらない戦後」 椹木野衣&飯田高誉 

s_i_09

 

10月2日(金)18:00よりギャルリ・オーブ第一展示室で対談「終わらない戦後」を開催いたしました。

水戸現代芸術センターで開催された展覧会「日本ゼロ年」の企画や著書「戦争と万博」、「『爆心地』の芸術」の執筆など、戦後美術の研究で有名な椹木野衣氏(美術評論家/多摩美術大学美術学部准教授)と本展キュレーターの飯田高誉氏をゲストに迎え、戦争画や戦後の日本美術や現代社会の問題を論じました。対談の途中からは、浅田彰氏(京都造形芸術大学大学院長)も飛び入り参加し、観客とも白熱した議論を交わしました。

s_i_03s_i_02

 

 

 

 

左:椹木野衣氏                 右:飯田高誉氏

s_i_07

 

 

 

 

 

 

 

上:浅田彰氏

s_i_08

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。